【スポーツファーマシスト活動報告】島田第二中学校1年生進路講話にて薬剤師の魅力発信とドーピングガーディアン体験会を実施してきました。

島田第二中学校1年生進路講話「ようこそ先輩」

令和2年2月9日(金)島田市立島田第二中学校(静岡県島田市)にて1年生進路講話「ようこそ先輩」にて地元の薬局薬剤師として薬剤師のお仕事紹介と東京オリンピック・パラリンピックに関連してドーピングガーディアン体験会を実施してきました。

島田第二中学校は島田市の中心部を主に学区とする中学校で私が学校薬剤師を委嘱されている中学校でもあります。また、私の母校でもありまさに本企画「ようこそ先輩」にもあるように第二中学校の生徒の皆さんにとっても先輩にあたります。

当日の講演内容

・私が薬剤師を志した理由
・私の小学校から大学までの過ごし方、考えていた事
・薬剤師が薬局で行っている仕事とその思考
・患者さんにとって最後の医療者である薬剤師の覚悟
・ドーピング防止専門薬剤師スポーツファーマシストとは?
・うっかりドーピング防止カードゲーム「ドーピングガーディアン」体験
・中学校1年生の皆様に伝えたい事

実家が薬局を営んでいた私が幼少時代から自然と受けていた影響や子供の目線から薬剤師の仕事というもを観察して感じていた事などをお話させていただきました。子供時代から興味をもっと取り組んでいたことがなどが今大人になって教訓となっているものがあったり、中学時代に大事にしていた信念が現在も自分を動かす原動力になりうることなどをなるべく、伝わりやすいようにお話しました。

また、薬剤師のお仕事を紹介する際には知識と共に薬剤師の思考をお伝えしそれが、具体的にどのような形で患者さんの健康を守っていく事に繋がるかなどを実際の業務例などを挙げてお話させていただきました。

2020年は東京オリンピック・パラリンピック!

また、リクエストの多かったドーピング防止専門薬剤師スポーツファーマシストについてもお話させていただきました。ドーピングを巡る世界的な動きや不正をするためのドーピング以外に医薬品やサプリメントなどが原因となる意図的でないドーピング違反「うっかりドーピング」などについてもその仕組みなどを説明すると共にオリンピック・パラリンピックを観戦するにあたりより深くスポーツの価値やフェアプレーの重要性を考えてもらえるきっかけになれればと思います。

ドーピングガーディアン体験会

ドーピングやフェアプレーについて学んでもらったのちにドーピングガーディアンを体験していただきました。これはまずは情報として頭に入れた知識を今度は実際に体験してもらう事でより、知識ノウハウとして定着していただくと共に薬剤師活用を知ってもらい。今回の学びをそのまま今後の生活に活かしてもらうためです。

どの生徒さんも楽しくうっかりドーピングやフェアプレー、アスリートの苦労などを学びきっと2020年東京オリンピック・パラリンピックの年をスポーツの価値を考える機会にして頂けたかと思います。

私どもではその人たちにあった内容でのアンチドーピングを通じた教育活動を積極的に行っています。
お気軽にご依頼ください。

今回の島田第二中学校での活動については下記の動画に簡単にまとめさせていただきました。

是非ともご覧ください。

↓クリックでyoutubeへ飛びます。

講演、執筆、ドーピングガーディアン体験会随時受付中!

スポーツ団体、教育機関、行政機関、薬剤師会などアンチ・ドーピング講座やドーピングガーディアン体験会などのご依頼はお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です