8月コラム掲載 「大井川マラソンでのアンチ・ドーピング活動について」

8月のファーマトリビューン様のコラムが公開されました。

https://ptweb.jp/article/2018/180802003117/

8月のテーマは

大井川マラソンに薬局ブースを出店

地元イベントはスポーツファーマシストの活路!

スポーツファーマシストの認定を取得したが活動の場がなくて・・・・。

という声をよく耳にします。

「薬剤師会に入っていないから」

「アスリートから声がかからないから」

「アンチ・ドーピング活動は収益がないから職場の理解を得られない」

という声もよく耳にします。

それでも出来ることはたくさんあります。

地域でのアンチ・ドーピング活動は地域にも薬局にも個人にもメリットが多くあります。

今回は私たちの薬局が大井川マラソンに薬局ブースを開設して

アンチ・ドーピング活動

医療従事者としての緊急対応

薬局としての地域活動

などに焦点当てた内容となっています。

また、アンチ・ドーピング啓発ブースをきっかけに

うっかりドーピング防止カードゲーム「ドーピングガーディアン」

が生まれた経緯についても書かせていただいております。

是非とも読んでみてください。

https://ptweb.jp/article/2018/180802003117/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です